読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の薄毛対策について

薄毛について日々実践していることを書いていきます。

ドライヤーで一番大事なことは

f:id:deogolden:20170419172626j:plain

シャンプーした後、濡れたままでいる人も多

いと思いますが、濡れたままにしておくの

は、とても危険です。

髪をぬれたままで、長時間放置しておくと、

頭皮や髪に雑菌がたまり、臭いや頭皮トラブ

ルの原因になります。


また、髪のキューティクル(髪の表面)が開

いている状態となるので、髪の毛はとても傷

つきやすくなります。濡れたまま寝ると、

キューティクルがはがれおちてしまいます。

ドライヤーを正しく使って、髪を乾かすこと

が大切です。正しく乾かせば髪は傷みにくく

なります。


それでは、ドライヤーの正しい使い方、乾か

し方をみていきましょう。


ドライヤーを使う前に 

deogolden.hatenablog.com

 

洗髪したら、まずはしっかりとタオルで髪の

水分を吸い取りましょう。

乾いたタオルでやさしく押し当てるようにし

て乾かします。押して水分を吸い取るイメー

ジです。決してゴシゴシこすらないように。

開いたキューティクルが傷つき、髪がダメー

ジを受けてしまいます。

タオルを使って半分ぐらい乾かしたぐらいに

しておきます。

ドライヤーを正しく使う

次に、ドライヤーの風量を弱めにして、

10cm〜20cmぐらい離して風をあてていきま

す。髪の根元から風をあてていきます。

風が同じ場所にあたらないように気をつ

けてあてましょう。

根元が乾いてきたら、温風と冷風を交互に

あてていき、髪を少し引っぱりながら毛先を

乾かしていきます。温風と冷風を交互にあて

ていきましょう。

温風と冷風を切り替えてあてる

ドライヤーの温風は、髪にキューティクルを

広げて、髪の内部の保湿成分を奪ってしまい

ます。冷風をあてることにより、髪のキュー

ティクルを閉じさせて、必要な保湿成分を逃

さないようにします。髪は60℃以上の温風を

あてていると、髪のタンパク質が分解してし

まうので注意が必要です。

ヘアオイル(流さないトリートメント)の使い方

ドライヤーの前に、ドライヤーの熱や感想か

ら髪を守るヘアオイル(流さないトリートメ

ント)を使うのがオススメです。頭皮が乾燥

しがちなときは、頭皮に化粧水や未溶液を塗

るのもオススメです。

ちなみに、私はドライヤーの前にこのオイル

を髪につけてます。 

ウォータールジュエル ヘアオイル 100ml

価格:2,808円
(2017/4/19 17:19時点)

洗髪後は、濡れたまま放置せず、必ず髪を

乾かすようにしましょう。

育毛・発毛ランキング