読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の薄毛対策について

薄毛について日々実践していることを書いていきます。

朝シャンのデメリットをしっかり確認

f:id:deogolden:20170403125049j:plain

朝シャンのデメリットでまず挙げられるのが、
薄毛・脱毛のリスクが高まると言う点です。

朝から洗髪すれば、血行も良くなって、頭皮
のつまりも取れて、育毛や発毛効果も上がる
のではないか?と思いますよね。実は方法に
よっては全く逆になってしまいます。

朝は、学校や会社へ行く準備、家事など起き
てすぐに短時間でさまざまな作業を行わなけ
ればいけません。

そのため、その忙しい時間の合間に
シャンプーをするとなると、夜にゆっくり
入浴した後に洗髪するのと違い、しっかり
洗うことが難しくなります。

気分的にもあわただしく、頭皮を傷つける
ようにごしごし洗ったり、しっかりとすすが
ずにシャンプーが頭皮に残ってしまったり、
頭皮に思わぬダメージを与えてしまっている
おそれがあります。

洗い残したシャンプーは頭皮を傷めるだけで
なく、毛穴を詰まらせて、元気な毛が生えて
生長するのを阻害してしまうことになります。

その結果、朝シャンを続けることで、髪の毛
に栄養がいきわたらずにコシやハリがなくな
り、毛穴が詰まって新しい毛が生えにくく
なってしまい、薄毛・抜け毛が増えてしまう
のです。

また、朝にシャンプーをするから、と夜に
シャンプーをしないことも問題の一つ。

髪の毛は、夜寝ている間に成長すると言われ
ています。これは成長ホルモンが活発に分泌
され、新陳代謝が活発に行われる時間だからです。

いわゆるこの髪のゴールデンタイムには、
清潔な頭皮でいることがとても大事です。
しかし、朝にシャンプーをしているからと
夜のシャンプーを行わないと、頭皮の血行も
促進されず、頭皮には一日の汗や皮脂、
汚れがぺったりと付着した状態のまま。
そのため、本来なら夜の間に生まれ変わり、
成長する髪の育成が阻まれてしまいます。

さらに問題なのが、朝にシャンプーをする
ことで、紫外線のダメージを受けやすいという点です。

夜にシャンプーをすれば、古い角質や汚れ、
皮脂などは取り除かれ、新たに必要な量の
皮脂が頭皮をカバーしてくれます。

皮脂というと、すぐに毛穴を詰まらせる
良くない存在と考えてしまいがちですが、
肌を外部の刺激から守るバリアーとしての
機能を持つ非常に重要な存在なのです。

朝にシャンプーをしてしまうと、夜の間に
分泌されたバリアー機能を果たす大事な
皮脂までごっそりとってしまいます。

その無防備な状態で、通学や通勤、日常生
活で紫外線を浴びると、ダイレクトに頭皮
や髪に紫外線が与えるダメージを受けてしまうのです。

朝ではなく、夜にシャンプーをするように
して髪のゴールデンタイムに清潔な頭皮で
いることが大事です。

また、紫外線から守るバリアー
しっかりと機能させるようにしましょう!

髪豊かな“フサフサライフ”を応援します。